読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Swift をコマンドラインから使う

swift

何度目かのゲーム作りをしている。

UI ではなく、戦闘 AI やマップ自動生成などは Xcode ではなく、コマンドライン上で println & dump で確認しながら開発したい。

Swift のインストール

Mavericks に入っている Xcode 6.0 では Swift が動かない。

なので Apple Developer から Xcode 6.1 GM 以降 をダウンロード。

Vim

XcodeVim キーバインドである JugglerShu/XVim も素晴らしいけど、Vimtoyamarinyon/vim-swift を利用。

NeoBundle 'thinca/vim-quickrun'
NeoBundle 'toyamarinyon/vim-swift'
autocmd BufRead,BufNewFile *.swift set filetype=swift
let g:quickrun_config['swift'] = {
\ 'command': 'xcrun',
\ 'cmdopt': 'swift',
\ 'exec': '%c %o %s',
\}

これで ¥r で quickrun できる。

REPL

Xcode にリッチな Playground があるけど、コマンドラインの REPL がお手軽。

$ xcrun swift

alias に swift で割り当てた。

コンパイル

コマンドラインからコンパイルする予定はないけど、念のため alias に swiftc で割り当てた。

$ SDKPATH=$(/usr/bin/env xcrun --show-sdk-path --sdk macosx)
$ xcrun swiftc foo.swift
$ file foo
foo: Mach-O 64-bit executable x86_64

ユニットテスト

xcodebuild

Xcode でプロジェクトを作ってテストファイルを作成 ( Xcode を使わずコマンドラインからする方法があれば教えてください )。

Xcode 標準の xcodebuild のやり方。

$ xcodebuild test -scheme foo -destination 'platform=iOS Simulator,name=iPad'

情報量が多すぎる。xcpretty があると見やすくなる。

$ gem install xcpretty
$ xcodebuild test -scheme foo  -destination 'platform=iOS Simulator,name=iPad' |xcpretty -c

xctool

xcodebuild はテスト速度が遅すぎる。そこで Facebook 謹製の xctool

$ brew install xctool
$ xctool -scheme foo run-tests -parallelize -sdk iphonesimulator

倍くらい速い。xcodebuild よりバグった場合に表示されるコード行が多いので見やすい。それに Mac の通知で完了を教えてくれる。

Quick

RSpec 風に書ける。

最近、3 つの Rails アプリの RSpec を 3.x に書き換えたばかりで軽く消耗した身としては RSpec をやめて Test::Unit に戻る に共感中。

この QuickRSpec 以上に変化&進化中。RSpec 風の記述は好きなので、少し落ち着いたら見てみる。

Guard::Shell

ファイルを更新する毎に swift とテストの実行をするために Guard::Shell 導入。

$ bundle init
$ echo "gem 'guard-shell'" >> Gemfile
$ bundle
$ guard init shell

Guardfile を編集。

guard :shell do
  watch(/(.*)¥.swift/) do |m|
    `xcrun swift #{m[0]}`
    `xctool -scheme foo run-tests -parallelize -sdk iphonesimulator` 
  end
end

実行は下記。

$ bundle exec guard

CI

Travis CI が Swift に対応。書き方はこちらで。

パッケージ管理

CocoaPods

Objective-C 系のライブラリをパッケージ管理。

Alcatraz

Xcodeプラグインのパッケージ管理。

Swift で使えそうなプラグインがピックアップしてくれてる。