読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FreeBSD9 に Perl 環境をインストール

FreeBSD9 に perlbrewcpanmCarton、 そして Vim と、そのプラグインをインストールする方法。

perlbrew のインストール

$ whereis perlbrew
# ないので find で検索
$ find /usr/ports/ | grep perlbrew
( 中略 )
/usr/ports/devel/p5-perlbrew/pkg-plist
$ cd /usr/ports/devel/p5-perlbrew/
$ sudo make install

perlbrew の設定

perlbrew init で初期化して .bash_profile に指示通りの設定を書く。

$ perlbrew init
$ cat ~/.bash_profile
source ~/perl5/perlbrew/etc/bashrc
$ source ~/.bash_profile

perlbrew で perl のインストール

使用可能な perl のバージョン。

$ perlbrew available
  perl-5.18.1
  perl-5.16.3
  perl-5.14.4
  perl-5.12.5
  perl-5.10.1
  perl-5.8.9
  perl-5.6.2
  perl5.005_04
  perl5.004_05
  perl5.003_07

やんごとなき理由で perl-5.8.9 を選択。

$ perlbrew install --notest perl-5.8.9
$ perlbrew switch perl-5.8.9
$ perl -v
This is perl, v5.8.9 built for amd64-freebsd

cpanm のインストール

CPAN モジュールのインストールが楽になる cpanm のインストール。

$ curl -L http://cpanmin.us | perl - App::cpanminus

本当は perlbrew を使って

$ pelbrew install-cpanm

としたかったけど、

ERROR: Failed to retrieve cpanm executable.

が出るので。

あとは CPAN を活用しまくる。

carton のインストール

インストールした CPAN の管理などが楽になる carton のインストール。

$ cpanm Carton

Carton覚え書き - sakurako_sの早起き日記

Ports を準備して Vim のインストール

初回なら Ports の準備。最初だけの設定。

$ sudo portsnap fetch
$ sudo portsnap extract

vim を探してインストール。

$ whereis vim
/usr/ports/editors/vim
$ cd /usr/ports/editors/vim
$ sudo make install clean

パッチが 1000 個くらいあたるんですかね。何十分か待ちました。

Ports はたまにアップデートしておく。

$ sudo portsnap fetch
$ sudo portsnap update

Vim のプラグイン

まずは NeoBundle を入れて、プラグインを入れまくる。

dotfiles 管理

.bash_profile や .vimrc を管理。

各種コマンド

  • ctags ( exctags になる )
  • curl
  • git
  • mosh
  • nkf
  • portaudit
  • screen or tmux
  • source-highlight
  • the_silver_searcher
  • tig
  • tree
  • wget